ローションの特徴と使い方アダルト編

みなさん、エッチやオナニーの時に「ローション」使てますか?あのニュルってする感覚気持ちいいですよね。オナホール使用時はローションを塗る人が多いでしょう。でも普通のオナニーやセックスでもぜひローション使用をお勧めします。今回は使用パターンによるオススメローション特徴と使い方を紹介します。

ローションの使い方

ローションを使うと気持ち良さと盛り上がり感がいつもより倍増し、気持ち良さが違います。

ローションの種類

ローションにはその使用目的や成分などによって数種類あります。万能な多目的ローション、愛液代替ローション、アナル用ローション、オナホ用ローション、バスローション、温感冷感ローションなど様々。それぞれ微妙に成分や粘度が異なります。使用シチュエーションによって使い分けることがポイントになります。

多目的ローション

比較的どんなプレイにも使える万能タイプのローション。ラブホテルや風俗店などで使用されているローションがほとんどこのパターンです。

その汎用性の高さから「多目的ローション」と位置づけられ、誰もが気軽にネットリ&ぬるぬるの感触を楽しめるのがメリットです。

多目的ローションはポリアク系であることが多く、その成分はズバリ水と食品添加物。やや乾きやすいのが弱点ですが口にしても問題なく、安価なので惜しみなくドバドバ使えるのもメリット。

カップルでお互いの全身に塗ってにゅるにゅるプレイを味わうもよし、バイブやオナホに使ってオナニーするのも良いでしょう。よく売れている多目的ローションはこの3種類

Peace’s(ピーシーズ) ペペローション 360ml 洗い不要ローション
Peace's(ピーシーズ)
Peace’s(ピーシーズ)
ペペローション 360ml
ペペローション 360ml
洗い不要ローション
洗い不要ローション

愛液代替ローション

濡れにくい体質の女性とのセックス、また挿入時の痛みの緩和にぴったりのローションです。せっかく気持ち良く愛し合ってるのに、、、性交痛は嫌ですよね。そんな時に愛液の代わりにこのタイプのローションを使うとスムーズな挿入に愛撫ができお互い気持ち良くなれるでしょう

また高齢やホルモンバランスの乱れなどで濡れにくくなってしまった女性が、パートナーとのセックスで苦しまないよう、愛液の代替えとして性交時の潤いをサポートするのもローションの重要な役割です。

愛液代用ローションは医療用品扱いのローションになり、ちゃんと成分表記もしてあるのでとても安心。
デリケートな女性の膣内に塗るのが主目的だから、安心・安全な成分でできた低刺激系のローションばかりです。人気の愛液代用ローションはこの3種類

リューブゼリー K-Yゼリー グラマラスジェル
リューブゼリー
リューブゼリー
K-Yゼリー
K-Yゼリー
グラマラスジェル
グラマラスジェル

オナホ対応ローション

「オナホ対応ローション」とされるこのローション種類は、その名の通りおもにオナホ使用時の利便性を突き詰めて開発されているのが特徴。 その商品特性によって拭き取りやすかったり、抗菌性能を持っていたりなど、セールスポイントも商品ごとに違います

一般的には粘度が少ないローションを使うとオナホとの摩擦が高まり、刺激がアップ。逆に粘度が強いローションだと、オナホとペニスの間にローションの層ができ、にゅるにゅると滑りやすくなるため摩擦が減り、快感刺激も低減します。

はじめてのローション

ローション

Posted by mfxdg967


PAGE TOP