ローションの特徴と使い方アダルト編

アナル対応ローション

アナルは中から愛液が出てこないためローションを塗るなど何らかの対策が必要です。そのため潤滑性能の高さと持続力はとても重要。肛門に異物を挿入するわけですから、基本的に摩擦抵抗がとても大きく、安全にプレイするためにはローションの潤滑力が頼みの綱となります。

それゆえ「アナル対応ローション」の多くは、潤滑力と持続性に優れていて、その成分もオイルやシリコン系が多数。サラッとしたテクスチャーでも乾きにくく、ぬるぬる感が長時間つづきます。

<おすすめアナル用ローション>

ブランシークレット ワセリンHGチューブ ペペスペシャル バックドア
ブラン・シークレット(スタンダード)
ブラン・シークレット(スタンダード)
ワセリンHGチューブ
ワセリンHGチューブ
ペペスペシャル バックドア
ペペスペシャル バックドア

アナルは柔らかい粘膜質のデリケートな場所なので必ずローションの使用を!

バスローション

湯船のお湯に溶かしてよーく混ぜると、お湯がとろっとろになるというユニークな機能を持ったモデルが、この「バスローション」です。 二人で一緒に湯船で遊び感覚でじゃれあったり、またバスロショーンを入れた湯ぶねは冷めにくくリフレッシュ効果も期待できます。

温感冷感ローション

冬のエッチには温かさを感じるローション、夏の暑い時期には涼しさを感じる涼感ローションが人気です。これら「温感・冷感ローション」の主成分はグリセリンであることが多く、比較的肌にもやさしいのが特徴。「愛液代替ローション」の中にも温感タイプがあり、ほのかなぬくもりが安心感につながります。

バスローションと温感冷感ローションに人気はこちら

ペペ温感 クールなヒアルロン酸潤滑ゼリー バススライム
ペペ温感
ペペ温感
クールなヒアルロン酸潤滑ゼリー
クールなヒアルロン酸潤滑ゼリー
バススライム
バススライム

ローションの使い方

ローションは基本的には塗るだけなのですが、使い方の豆知識を少し、、、、、、

まずはポリアク系のローションなら、希釈して薄めることにより自由な粘度が楽しめます。

『水(お湯)2:ローション1』の割合で薄めれば、マットプレイに適したサラサラと伸びのいい希釈ローションができあがります。ちなみにシリコン系ローションなどは水との相性が悪いので希釈はしないでください。

最後にローションノ保管について。

ローションは未開封かつ冷暗所に保管(紫外線は大敵です)してあれば、3~4年間は劣化しないといわれています。 しかし、それ以上経過したローションは、たとえ未開封で見た目に変化がなくても使わない方が無難です。性器などデリケートな部分に使用するものなので開封後は早く使いきることを心がけましょう。

 
はじめてのローション
 

 

 

ローション

Posted by mfxdg967


PAGE TOP