「イキ狂いシンドローム」はGスポ刺激に特化したイボ付きヘッド搭載のバイブ

「イキ狂いシンドローム」は女性がオナニーで使う以外に、「男性がバイブで女性を攻める」コンセプトに作られたバイブです。Gスポを圧迫刺激する曲がったヘッドと、その表面に加工されたイボイボ、強力な振動とスイング機能を搭載しています。クリバイブは一応付いていますが、それほど振動は強くなく、責め手の技術も求められるテクニカルバイブになっています。

イキ狂いシンドローム

商品詳細&レビュー

<サイズ>

挿入の根元から先端までは10センチ弱です。この長さなら十分に子宮にも届きますね。奥まで挿入したらクリトリスにクリバイブがフィットすサイズ設計も嬉しいかも!

<バイブ機能>

まず先端ですが、柔らかく適度なハリがあります。動かし方ひとつで柔軟に角度を変えられるので、責め甲斐がありますよ。ほぼ直角に曲がるので上下に動かすことで、より刺激が楽しめるでしょう

「イキ狂いシンドローム」の最大の特徴は「Gスポを圧迫する曲がったヘッド」と、その表面に加工された「イボイボ」です。男性の指による挿入やオナニーで自らの手を入れても、英里子とができない凹凸イボイボによるGスポ刺激が可能です。Gスポに今まで経験したことのないような気持ち良さが楽しめるでしょう。

<バイブの振動機能>

イキ狂いシンドローム1

動作機構はヘッドのスイングと振動のみ。中腹にちょこんと飛び出したクリバイブっぽい突起は、一般的なクリバイブのように震えず、おまけ程度と思った方がいいでしょう。

この微弱な刺激にジラされるような、ゾクゾク系の快感を覚える可能性もありますが、大抵は「なんじゃこりゃ?」と不満に思うはずなので、ジャマに感じたら切り取ってしまってもいいでしょう。

グイッと大胆な角度が付いたヘッドは、スイングONで膣内を掻き回し、そのイボ加工も含めてけっこうな摩擦&圧迫刺激を生み出します。

ただ…動きがただのローリングなので、Gスポを掻き出すように愛撫するためには自分で本体をコントロールする必要があり、そういう意味で使用者側にテクニックを求められるバイブといえそう。

<おすすめの使用方法>

振動レベルが強いので、ヘッドのイボ面をクリに押しつけるような楽しみ方もでき、工夫や操作次第でイロイロな快感の幅があります。また上下逆方法に挿入し、クリバイブでアナルを刺激することも可能でしょう。
こうした特性を使いこなすには、ある程度のグッズ習熟度が必要なため、本作は男女ともにビギナーにはあまり向いていないかもしれません。

イキ狂いシンドローム
イキ狂いシンドローム

おすすめの使い方は、先端のイボを細かく震わせながらクリを責め、濡れ濡れになったところで挿入&Gスポ責め! 攻撃力は十分です。

 

イキ狂いシンドロームおすすめポイント

安くて多機能なバイブをお探しの方
クリトリスだけでなくGスポにも刺激が欲しい型
バイブを挿入してピストンしたり激しく動かしたい方
パートナーをバイブで攻めたい方

なお操作はシンプルになっています。強弱の切替えはスライドスイッチによる無段階調整。振動とスイングは別制御できます。クリバイブは専用の振動はありません

電源は乾電池式なのでコードレスです。単4電池3本です。購入時には付属しています。

 

販売店と価格

2019年7月現在、NLS通販のみの取り扱いのようです。価格は税別2,268円とお買い得特価です

イキ狂いシンドローム
イキ狂いシンドローム
NLS公式ページでは、更に詳しい商品詳細と使用者レビュー、関連商品の案内などがあります

イキ狂いシンドロームは繊細な振動特性のわりにパワーは強力。ローター系の振動なのでクリや乳首にも合い、駆動音も許容範囲内です。オナニー用、パートナー用にも一度お試しを!

 
電動クリチュパ娘
 


PAGE TOP