おなぷれ通信

「おなぷれ通信」では最新と人気のアダルトグッズ情報を比較紹介しています

Home » オナホール » ゾリゾリ刺激が楽しめるスパイラル構造オナホール「温泉欲情2 」

ゾリゾリ刺激が楽しめるスパイラル構造オナホール「温泉欲情2 」

calendar

reload

ゾリゾリ刺激が楽しめるスパイラル構造オナホール「温泉欲情2 」

一部のお店限定で販売されている限定のオナホール「温泉欲情」でしたが、新作からは多くの店で取扱いが始まりました。前作より、人肌感アップで強烈に進化したゾリゾリ摩擦。千変万化するスパイラルヒダは病みつき必至です。また、繊細に絡み付く新素材の感触の気持ち良さはオナホールの中でもかなり上位でしょう。

温泉欲情オナホール

「トイズハート」人気オナホール「温泉欲情」の続編です。温泉地の秘湯へようこそ♪超人気ヒダ系オナホールに待望の続編が登場「温泉欲情2」。販売価格2,447円~

 

「温泉欲情2」商品レビュー

サイズと素材

温泉欲情挿入口 温泉欲情サイズ

全長は約16センチ。横幅のサイズは7.2センチのほぼ丸い形状。長さは16㎝弱と中央部分の高さが6.4センチ、先端付近が5.9センチと少し先端にかけてスリムになっているオナホール。肉厚な構造は、ほぼ亀頭から根元まで密着できるサイズのオナホールです。前作より若干サイズアップ。

<350ml缶とのサイズ比較>

温泉欲情サイズ比較

350ミリℓカント比較したらサイズ感もわかりやすい。挿入可能なサイズは約13センチとなっています。

素材はヒトハダマテリアル。人肌感を追求したハリが強い素材。ニオイやベタつきははほとんど気にならない良素材。普通のオナホのニオイやベタツキの半分以下でしょう。

またローションとも相性が抜群!ノリもよく滑らかな挿入が可能な素材です。もちろん寒い冬には温めてもOKです。
若干硬めに調整された素材特性を含め、挿入する角度や深さによって、めまぐるしく快感が変わる構造体として、さらなる高刺激系へとシフトアップ。

温泉欲情素材

<メンテナンス>

ボディソープで丸洗いOKの簡単メンテナンスです。

 

内部構造

温泉欲情2の内部構造

「温泉欲情2」の内部構造はヒダをベースに不規則なうねりが多数。内部構造は3方向からのボテヒダがトルネードしながら奥へと伸び、中央の空間を塞いでいるため、“無次元とスパイラルのミックス”という感じ。人肌感アップで強烈に進化したゾリゾリ摩擦。
千変万化するスパイラルヒダは射精力も高いでしょう。

入り口付近のアップ。挿入直後からいきなり絡みつく、スパイラル構造。挿入後も、根元から締め付けの気持ち良さが味わえるでしょう。高弾力かつモチモチしたボテヒダによる絡み付きは、まさにゾリゾリ…という擬音表現がピッタリなうえ、温泉欲情の前作より、本作はスパイラルっぽく、縦横無尽に快感エリアが広がっていきます。

螺旋状に複雑に伸びる肉壁がペニスにがっつり絡みつきます。深めのV溝を伴った太い凹凸が、渦巻きながら奥までつづきます。後半はこのヒダが小さくなり、高低差が発生するしくみ

温泉欲情内部構造

温泉欲情2のカット断面図。捻れながらひしめき合い、ジワッ…とした締め付けを発生。ヒダの角度や向きがすべて異なり、あらゆる方向から、気持ちいい刺激が来るバランスも最高です。

ヒダの擦れる角度や向きも絶妙にバラけていますし、それらが複数同時に絡みながら、ストロークのたびに快感の質までも変化させるのが美点。

温泉欲情オナホール3

 

「温泉欲情2」紹介動画

<NLS通販 公式ページ>

温泉欲情2動画

 

 

こんな方におすすめ

スタンダード~ハード系のオナホが好きな方

全体的な締め付けが好きな方

ゾリゾリ感なオナホが好きな方

 

【温泉欲情2動画紹介】

温泉欲情動画

 

使用例

温泉欲情2使用例

挿入後はストロークの速度に関わらず安定した軌道でシゴけますが、低速でも刺激は強烈。ラクに空気抜きでき、手応えも感じられます。

 

販売店と価格

2021年11月現在FANZA(旧DMM)にてSALE中 2,473円~

温泉欲情価格

 

温泉の効能?いやいやオナホの効能をご堪能できるできる温泉欲情は如何でしょうか?大ぶりなヒダは包み込むように絡み合い、出し入れする度にあなたを骨抜きにします。温泉もいいけど、やっぱりオナホっていいなぁ。「温泉欲情」で、射精後はまるで温泉に入ったかのような夢見心地で間違いないでしょう。

「温泉欲情では刺激が物足りない、ゾリゾリ刺激が楽しみたい!」 そんな方にオススメのオナホールです。

 

<メーカーコメント>

トイズハートは日本ではじめてオナホの素材に着目し、その品質を徹底的に高めることでセーフスキンを生み出した、一線級のメーカー。

また、そうした強みを活かしてブランディングも成功させ、以降はそのイメージから逸脱することなく、優等生でありつづけることを自らのアイデンティティに課してきたようなイメージがあります。

そんな中、“トイズが出したRIDEばりの攻撃的なオナホ”として、2017年4月のリリース以来、今なお話題となっているのが「温泉欲情」です。美しく並んだV溝が渦巻くように捻れて無次元の穴を形成する内部構造は、どこか「ヴァージンループ」を彷彿させる、タテ×ヨコのマリアージュを楽しめる設計。

後継モデルの「温泉欲情2」は内壁に刻まれたV溝すべてが深く明確になり、幾重にも走るボテヒダのラインも複雑化。V溝が深くなった影響で、前作よりも単純刺激は強化され、高弾力かつモチモチしたボテヒダによる絡み付きは、まさにゾゾゾゾ…という擬音表現がピッタリ。快感性能が更にアップしました。