おなぷれ通信

「おなぷれ通信」では最新と人気のアダルトグッズ情報を比較紹介しています

Home » クリ刺激ありバイブ » 最強のピストンバイブ「ラブパートナー」で初絶頂を体験

最強のピストンバイブ「ラブパートナー」で初絶頂を体験

calendar

reload

最強のピストンバイブ「ラブパートナー」で初絶頂を体験

女性用のアダルトグッズで最強の称号を受け継ぐピストン式の傑作「ラブパートナー」強力なディルドが自動でピストンし続ける最強のバイブでしょう。リアルSEXやオナニーでアクメに達しなかった女子たちもこれなら即絶頂でイケるようです。永遠に突きつづける逞しいパートナーバイブ!

 

ラブパートナーのピストンディルド

 

ラブパートナーの商品レビューと詳細

現在、市販されている女性用おもちゃの中では“最強”と名高い、NPGの「ストンピングラブボール」。「ラブパートナー」はその正統な流れを汲んで生まれた、PRECIOUS(プレシャス)ブランドのピストン式バイブです。

見るからに奇抜なデザインはいかにも凶悪そうで、装着タイプという点もやたらとエッチで変態チック。抑えきれいない性欲を持てあました淫乱人妻や若くて元気なギャルたちに捧げたい、超絶アダルト志向のマシンに仕上がっています

使用イメージをまずは見てください。装着するとこんな感じです

 

ラブパートナー装着イメージ

股を広げて腰で固定します。まさにリアル性器が入っている感じです。そして中に装着されたディルドが激しくピストンします。

 

ディルド装着

気になるサイズは32センチと18.5センチ。装着型なので少し大きくなりますが、それだけパワフルなのです。ディルド部分を装着した全体図がこちら

 

ラブパートナーピストン部分

もうわかりますよね?このディルドが激しくピストンしGスポから膣奥までを激しく刺激します。しかもAC電源なのでイクまでずっとピストン刺激するんですね。リアルでは男性が先に射精したり、オナニーでは手や指が疲れてしまったりしますが、このラブパートナーならそんな心配はいりません。

 

ラブパートナーなら

いつでも好きなだけ挿入出来て、激しく突いてくれます!

 

AC電源と高性能モーターによって、ハイレベルのトルク&スピードを実現。「ピンクウェディング」や「龍爆」などハンディタイプの“小手先ピストン”とは根本的に違う、超強烈なパワーが自慢です。
また、本作はボディ内側のちょうどいい位置にクリバイブも装備しています。激しくピストンしながらクリにも振動を与える2点責めもできます。

 

ハンズフリーができるバイブ

また装着固定型なので、両手がハンズフリーとなり乳首愛撫や、パートナーとの使用では手コキなどエッチのバリエーションも増えるでしょう

装着するディルドの種類も2種類の大きさがあり至れり尽くせりのバイブです。操作方法は本体で直接行うものとリモコンでの操作も可能です。パートナーが操作をするのはもちろん、セルフプレイでの操作もラクラクできます。

ぜひこの商品は使用動画を見てください。それが一番わかりやすいかもしれません

 

ラブパートナー動画

<通販大魔王公式動画>

ラブパートナー動画

 

ラブパートナーの口コミ評判

 

★★★★★ 両手で乳首を刺激出来るため、リアルSEXより気持ち良くてすぐにナカイキ出来ました。とても素晴らしいアダルトグッズに巡り会えて感激です。
両手がフリーになる事で、他にもいろんなことができそうです
★★★★★ ディルドが硬くてずっと激しくピストンされる感覚は若い時のSEXを思い出して絶頂に!
★★★★★ 装着が大変だけど慣れると下着を着ける感覚で簡単です。気持ち良さは文句なし。彼氏とのSEXではイケない私ですがこれで初絶頂を体験できました
★★★★ ピストンと振動のパターンが9種類もありいろいろ設定できて楽しくて快感です。でもリアルSEXが物足りなくなるかもしれませんね
★★★ ディルドが硬くて十分に濡れてから、もしくはローション必須です。ちょっと準備が大変かな

 

ラブパートナー使用例

 

販売店のご案内

2021年9月現在 通販大魔王が22,800円で最安です

ラブパートナー販売価格

ラブパートナー本体以外にも、電源、ディルド2種、リモコン、ローション、バックルが入っています。 バックルは小さいため、紛失にお気をつけください。

エムズ

 

おすすめポイント

  • イクまで続く快感、ベルト調節式装着型のピストンバイブ
  • 挿入部のピストンとクリトリスへの振動機能付き
  • ACアダプターで安定した電力供給で長時間プレイ可能
  • オナニーでもパートナーとのSMプレイにも使えます!

最後にこのラブパートナーは強力なピストンなのでアナルの使用は控えたほうが良さそうです